薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス

「脳科学的栄養学」をベースによりよく生きるための健康づくりに貢献します

薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス

学ぶとは、心に誠実を刻み付けること。
38年間の脳科学研究から培った知識とスキルを
わかりやすくお伝えします。


みなさま こんにちは。

私はGROWTH健康づくり協会で「脳科学的栄養学」を伝えている竹内久米司です。

「脳科学的栄養学」は私が初めて提唱している領域で、
脳神経細胞の“よりよく生きる“という本能を満たし、
良好な人間関係を構築しながら、豊かで幸せな生き方ができる幸せ脳、
すなわち「成幸脳」をつくることを目的としています。


この「成幸脳」つくりに欠かせない大切な三つの要素があります。

それは、

①「脳」を環境化学物質から守ること。

特に、脳の発生から発育段階にある胎児期や幼児期に、
母体を通して日用品に添加されている多くの環境化学物質に曝露されることで、
その後の人生に大きな影響を与えてしまう可能性があるからです。
そのため妊婦さんの日用品の選び方、ラベルの見かた、使い方には注意が必要です。


②「脳」が欲する食と栄養の摂り方。

脳は食べたものでつくられます。
日々の食生活の影響を最も敏感に受けるのが脳です。
ですから、脳の欲する食と栄養の摂りと方を知ることは、
健全な脳の機能と、こころを育てるうえでとても大切です。
現代の食環境や食習慣から脳が必要とする食と栄養を十分に摂ることが難しくなっているのです。


③脳の本能を満たす考え方や行動。

物事に対する解釈や行動の選択が人生の質を変えます。
人が感じる不幸感の多くは不満足な人間関係に起因しています。
“よりよく生きる”という脳の本能を満たす考え方や行動の選択で良好な人間関係を構築し、
豊かで幸せな人生をおくれる「成幸脳」をつくることができます。


以上の「脳科学的栄養学」の三つの視点から最新の情報を講演・講座活動あるいはHPで発信しております。


私の38年間に及ぶ脳科学研究を通して培った知識とスキルを活かして、
「脳科学的栄養学」をベースに皆様の暮らしに役立つ情報を、
わかりやすくお伝ええしてまいりたいと思います。
 

Adviceアドバイス

人類と動物は運命共同体である

2018.11.15

人類と動物は運命共同体である

脳科学的栄養学 No.10 人類と動物は運命共同体である これは今から50年ほど前、レイチェル・カーソンが「沈黙の春」に書いた言葉。 「沈黙の春」は、合成殺虫剤の危険性と人類の思い上がりを告発した古典であり、今日の環境問題に取り組む研究者のバイブルでもあります。 ヒトと動物は、環境とともに生命進化のなかで関連しながら培われてきた特性を共有している。 しかし、人は人工的な環境の中で暮らしていると、自分の健康や幸福が実は自然界のシステムに深く根差しているという事実に対する感覚を失いがち。 ところが、人類が様々な環境で精一杯生きていけるのは、そもそも生命を支えてくれている目には見えない無数の自然のシステムに支えてもらっているからです。 そうしたシステムと人類との絆は、野性動物に比べたらはなはだ小さいかも知れないが、そんな人類でも、この地球の生命ネットワークに深く織り込まれているのです。 過去半世紀以上にわたって、人類が地球にばらまいた残留性化学物質は様々な環境破壊や生物の生存を脅かし多大な影響を与えてきたことは事実。 これらのことから、この世の中が深遠で複雑な相互作用から成り立っていることを思い知らされてきた。 住んでいる場所が東京であれ、ニューヨークであれ、農薬が散布された農地や産業汚染地から数千キロメートル離れた北極ですら、ヒトの脂肪組織に蓄積されている残留性合成化学物質が拡散している。 アザラシやホッキョクグマ、セグロカモメ、クジラやイヌイットの人たちからも残留性合成化学が脂肪組織から発見されている。 また、アリゲーター、ヒョウでも同じ。 いずれも、生殖障害やペアをつくらない、育児放棄、卵が孵らない、孵っても育たない・・・などの種の継続に重大な影響を与えている事実が次々報告されている。 運命共同体である人類だけが特別な存在で、こうした脅威から逃れ、独自の運命をたどるのだと思うのはあまりにも楽天的、面倒なことから目を背けているにすぎません。 自分の体内に残留性合成化学物質を入れない知識と知恵と工夫の行動が求められているのです。 環境問題に対する関心はあくまでも一人一人の内発的な意識変革がなければ進むものではありません。 それには、まず自分自身のからだの環境づくりに意識をむけることから、経皮毒をふくめて身近な日用品の使い方、食材の選び方から意識を広げていくほかに近道はありません。  

4
“ヘルシー”と表示された食品を食べるとかえって太る? 食品ラベル表示が健康に与える影響

2018.11.10

“ヘルシー”と表示された食品を食べるとかえって太る? 食品ラベル表示が健康に与える影響

脳科学的栄養学 No.9 “ヘルシー”と表示された食品を食べるとかえって太る?   食品ラベル表示が健康に与える影響 “健康的(healthy)”と表示された食品には注意が必要かもしれない。 そんな研究論文が米アリゾナ州立大学からでましたよ。 “健康的”と表示されていても、含まれている糖分が多いと、その後の間食が増える可能性があるというものです。 一方、含まれている糖分の量が多くても、“自分へのご褒美(indulgent)”というキャッチフレーズが表示された食品の場合、その後に間食が増える可能性は低いという。 糖分の多い食物を摂取すると、その日は空腹感が高まることは周知のとおりですが、今回の研究では、糖分の多い食品のラベルに表示された内容が、その後の空腹感にどのように影響するのかについて検討しました。 大学生76人に2種類の「プロテインシェイク」のいずれかを飲んでもらった。 これらのシェイクは、味は同じで含有するタンパク質やエネルギー量も同量だが、一方は糖分が多く脂肪分が少ないもの、もう一方は糖分が少なく脂肪分が多いもの。 シェイクを飲んだ後はビデオを鑑賞してもらい、その間にポテトチップスを提供しておくと、予想通り糖分が多いシェイクを飲んだ学生の方が食べたポテトチップスの量が多かったのです。 更に、別の大学生193人を対象に、これら2種類のシェイクにそれぞれ2パターンのラベル表示をした計4種類のシェイクを用意。いずれかを飲んでもらった後にポテトチップスを提供。 ラベル表示は“健康的な生活”というフレーズとともに「低脂肪、低糖質、低カロリー」という栄養情報を示したパターンと、“自分へのご褒美”というフレーズとともに「高脂肪、高糖質、高カロリー」という栄養情報を示したパターンとした。 その結果、これらの4種類のシェイクのいずれかを飲んだグループの中で、食べたポテトチップスの量が最も多かったのは、“健康的な生活”と表示された糖分の多いシェイクを飲んだ学生だった。 これに対し、“自分へのご褒美”と表示された糖分の多いシェイクを飲んだ学生のグループでは、その後食べたポテトチップスの量が最も少なかった。 この結果について、糖分が多くても食品のパッケージにそのことを警告する表示(高脂肪、高糖質、高カロリー)があれば、食べた後に襲ってくる空腹感を抑えられる可能性が示された。 「これはやばいかも」と意識すれば、その後、注意するということですね(^_-)-☆ 逆に、“健康的”というキャッチフレーズで販売されているが糖分の多いシリアルやヨーグルトなどを朝食で取ることによる影響が懸念されますね。 ともかく、大切なのは食品のパッケージに表示された栄養成分表と成分リストを確認して実際に健康的かどうか判断することだよね。  

3
「〇〇は体にいい」を一度疑ってみる

2018.11.07

「〇〇は体にいい」を一度疑ってみる

脳科学的栄養学 No.8 「〇〇は体にいい」を一度疑ってみる 日本では病気を予防する栄養学よりも、病気を治す医学が重視されてきました。 しかし、高齢化の進展や生活習慣病の増加に伴う医療費の高騰により、近年は、「予防」が注目されるよう変わってきました。 日本の国民皆保険は素晴らしい制度ですが、この制度が予防に対する国民の意欲を損ねてしまったという一面があると感じてます。 もし病気になっても、少しの治療費で治してもらえると思ったら、努力して健康になろうとは思いませんよね。 私は永年、製薬会社で医療用医薬品の研究開発に携わってきましたが、例えば錠剤1錠にしてもあの中には、開発に要した高度な知的財産と技術、そして莫大な費用が凝縮されているのです。 ですから、抗がん剤などの先端医療のお薬には1錠数万円もするものもあるのです。 しかし、保険制度に守られて通常のお薬代は廉価で、患者さんの多くは薬が高価なものとの意識は持っていないのではないでしょうか。 でも、治療や処方箋に数10万円かかると言われたらどうですか?  おそらく必死に予防に取り組みますよね。 それがアメリカ社会です。 アメリカ人は収入が多い人ほど健康で、少ない人ほど不健康な傾向があるという。 それは、収入が多い人は知識があり、問題を切実に捉える理解力があることが多いからです。 30年後の自分と今の自分を同等に捉える力があれば、未来のために、今、何をするべきかが分かります。 しかし、知識や理解力が欠けていると、今が幸せならいいや、と何もしません。 日本も本気で予防に取り組む時代になってきたのは、このままでは保健医療制度が維持できなくなるという背景があるのです。 そこで、予防が大切だからといって、本当かどうか分からない情報を簡単に信じたり、自分の体を使って試したりすることは、命や健康を軽んじる危ない行為でもあるのです。 今、それをやると将来どうなるのか? と客観視することが大切です。 私たちは、家のローンを組む際に、未来のシナリオを想定しリスクを考える。 当たり前だが、宝くじが当たることを前提にローンを組む人はいませんよね。 ビジネスシーンでも同様。 宝くじに当たることを前提に収益の予測をする人はいない。 学問的に真偽が明らかにされていない情報をうのみにして、特定の食材や食事法、健康法にのめり込むことは、宝くじに当たることを前提にローンを組んだり、収益の予測をするようなものです。 食べ物は生活に密着した存在なため、私たちは「何を、どれだけ、どのように食べるか」について無頓着な人が圧倒的に多いのです。 しかし、真剣に「予防」に取り組むなら、その情報を真剣に見極める必要がありますね。 そのためにも、食や健康については「原則」を学ぶということがますます大事で、その情報をしっかり伝えていきたいと思うのです。  

6
脳は食べたものでつくられる

2018.11.04

脳は食べたものでつくられる

脳科学的栄養学No.7 脳は食べたものでつくられる 脳内の神経細胞(ニューロン)が情報を電気信号の形でやり取りしていることはすでにご存知かと思います。 神経細胞は情報を出す軸索と、受け取る樹状突起でできていて、 電気信号が軸索の先端までくると、シナプス小胞という場所からドーパミンやセロトニンといった神経伝達物質が放出され、 それが近くの神経細胞の樹状突起にある受容体に結合することで情報が伝わる仕組みになっています。 この仕組みを正常に行うために必要となる栄養素は、カルシウムとマグネシウム、ビタミンB群です。 カルシウム、マグネシウム、ビタミンB群は、人間が体内でつくることができないので、外から取り入れる必要があります。 食事からカルシウム、マグネシウムが十分とりいれないと、神経伝達がスムーズにいかなくなります。 逆に、甘いもの、油脂の多いもの、アルコールは、カルシム、マグネシウム、ビタミンB群を消費します。 さらに、神経伝達物質をつくる原料となるアミノ酸が重要です。 人間が必要とするアミノ酸は全部で20種類。 そのうち、フェニルアラニン、ロイシン、バリン、イソロイシン、スレオニン、ヒスチジン、トリプトファン、リジン、メチオニン、といった9種のアミノ酸は体内でつくれません。 これらは必須アミノ酸といって、やはり食事から摂る必要があります。 9種類の必須アミノ酸の覚え方は フロバ  イス ヒトリジメ (風呂場椅子ひとり占め) トリプトファンからはセロトニン、メラトニンなど、フェニルアラニンからアドレナリン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質がつくられます。 この合成経路に、前述のカルシウムやマグネシウム、ビタミンB群が関わります。 ですから、頭の働きや、心の状態のカギを握っているのは脳。 その脳は食べ物からできていることをわすれないでくださいね。  

3
脳は身体に良い食べ物を選べない

2018.11.01

脳は身体に良い食べ物を選べない

脳科学的栄養学 No.6 脳は身体に良い食べ物を選べないのです! 私たちの食べもの好みは子供の時の食生活と、その後の味覚の学習によって形成されます。 お腹の胎児が甘いものを好み、苦い味は避けることはよく知られています。 子供が甘いものを好むのは本能的な要素が強いといわれます。 そして、離乳食から始まる人生の長い食との関わりで好みが形成されていきます。 特に、砂糖と油脂の味は脳の報酬系を強力に刺激するので、病みつきになる危険性があるのです。 みなさんも、あるものをしばらく食べていないと無性にほしくなるということはありませんか?  これは脳の仕業で食べるとほっと幸せな気分になりませんか(^_-)-☆ おいしいという感覚によって脳内にドーパミンやセロトニン、βーエンドルフィンなどの神経伝達物質が増え、快楽中枢を刺激することによって多幸感を感じます。 この多幸感は、健康への良し悪しとは関係ありません。 でも、これが怖いのです。 これは脳の錯覚であり、丁度、一時的に燃え上がる恋をしたときのように、しばらくして熱が冷めてしまうようなものです。 しかし、食の方は熱が冷めず一生続くことになります。 「病みつき」とか「目がない」とか、「大好き」といって中毒性の食べ物を食べ続けると、生活習慣病やがん、認知症の世界に誘われてしまいます。 現代の食の環境は、おいしく感じさせるための添加物などによってまさに中毒性のリスクにあふれています。 体は欠乏しているものを欲しくなるので、身体の要求に従えばよいといわれます。これは確かです。 これは生理的な体の要求であり、満たされれば体はそれ以上は求めません。 つまり、脳が求める嗜好的な食べ物と、体が生理的に求める食べ物は違うのです。 体に悪い食べ物や飲み物を、脳がチェックしてくれるシステムがあれば私たちは病気にならずに済むのです。 しかし、加工精製した人工的な食べ物は中毒性を持ち、限りなくわたくしたちの脳の報酬系を惑わし、狂わし最後は心身をも破壊します。 そんな食べ物が氾濫しています。 私の公開講座やオンライン講座ではすでにお話ししましたが、食品のラベルを見る習慣を是非身につけてください。 体に良いか悪いかはすぐにわかるのです。 体に悪いものを避けるには、こどものころから旬の自然な食べ物、本物の食べ物で舌と腸に学習させ、味覚を研ぎ澄ます必要があります。 脳は騙せても、舌と腸は騙されないようにしましょう。  

6
精子数の激減現象がとまらない

2018.10.28

精子数の激減現象がとまらない

脳科学的栄養学 No.5 ここ数十年、精子数の激減が続いています。 その減少率は年平均精子1ミリリットル当たり100万個だそうだ。 これは見過ごせない数字です。 実はこの数字よりもっと恐ろしいことは、この状況を世界の医療研究者が実態をつかむほぼ半世紀も前から続いていたという事実にあります。 この激減率は今後も同じようなスピードで続くのだろうか? そして最後にはどこに行きつくのか? 精子数の激減に残留性環境化学物質が関わっていたとしたら、精子数がそこそこの回復をみせるのは2030年あたりであろうと予測されている。 すでに多くの研究から、精子の質と量が出生率と密接に絡んでいることは周知のとおり。 若年男性では、精子数が最低で、奇形数が最大になっている。 こうした現象の原因が出生前ないし出生後のごく早い時期にこうむった障害にあるとする指摘を裏付けるもの。 ただ、精子数の分析を通じ科学的に証明されるまでは、まだまだ時間がかかるであろう。 1970年代初頭に生まれた世代を対象にした研究では、残留性環境化学物質の影響が強く疑われている。 1970年代初頭と云えば、世界の先進国が、DDT,農業用殺虫剤デルドリン、リンデン、PCBなどの残留性の高い有機塩素系化学物質の有害性から、使用の制限が始まった時期でもある だから、この世代の精子数の減少は、規制が行われていなかった1960年代から1970年代に母体が残留性環境化学物質を摂取していたことに起因すると考えられている。 それ以降、先進諸国では規制のおかげで人の組織中にみられたDDT、その分解物DDE、リンデンなどの残留量が激減傾向にある。 したがって、先進諸国ではこの傾向が続けば、残留性環境化学物質による出生前の曝露が、精子数の減少に大きくかかわっているとすれば、2030年代には、そこそこの回復傾向に転じるだろうとの予測につながっているのです。 しかし、インドや中国などの国々では、残留性の高いDDTやリンデンのような殺虫剤の使用の範囲や環境汚染が広がっている。 さらに、あらたな問題点はいたるところで使用されているプラスチック素材からでるある種の化学物質にさらされる危険が増していることにある。 現在出回っているプラスチック容器がどんな化学組成になっているかは確かめようがないし、内分泌ホルモン攪乱物質がしみだしているものがどれくらいあるかもわからないというのが実情なのです。 この種の有害化学物質が、軟膏、化粧品、シャンプーなどの日用品に混入されているおそれがあると云わざるを得ない状況でもある。 最近、プラスティックのストローの使用をやめ、紙のストローに切り替えるという動きが話題になってきている。  人類の知恵として私たちにできることは「予防原則」に従って生きるということです。 環境問題、健康問題もすべて事前対応が予防につながるのです。 そのため情報を正しく認識することがより重要なことになります。 私が脳環境化学「経皮毒」の本当の意味と意義を通して、環境汚染に加担しない生き方、考え方を伝えている理由はここにあります。  

4
もっと見る

INFOインフォメーション

名称 薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス
(ヤクガクハクシタケウチクメジサンカラノアドバイス)
住所 東京都調布市
公式URL http://tkumeji3.wixsite.com/growth
竹内 久米司
竹内 久米司

1943.6.12 東京生まれ
薬学博士

GROWTH健康づくり協会 代表

一般財団法人
 日本プロスピーカー協会
  顧問

一般財団法人
 日本プロスピーカー協会
  認定シニアプロスピーカー

一般社団法人
 福島県セラピスト協会
  顧問