薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス

「脳科学的栄養学」をベースによりよく生きるための健康づくりに貢献します

薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス

学ぶとは、心に誠実を刻み付けること。
38年間の脳科学研究から培った知識とスキルを
わかりやすくお伝えします。


みなさま こんにちは。

私はGROWTH健康づくり協会で「脳科学的栄養学」を伝えている竹内久米司です。

「脳科学的栄養学」は私が初めて提唱している領域で、
脳神経細胞の“よりよく生きる“という本能を満たし、
良好な人間関係を構築しながら、豊かで幸せな生き方ができる幸せ脳、
すなわち「成幸脳」をつくることを目的としています。


この「成幸脳」つくりに欠かせない大切な三つの要素があります。

それは、

①「脳」を環境化学物質から守ること。

特に、脳の発生から発育段階にある胎児期や幼児期に、
母体を通して日用品に添加されている多くの環境化学物質に曝露されることで、
その後の人生に大きな影響を与えてしまう可能性があるからです。
そのため妊婦さんの日用品の選び方、ラベルの見かた、使い方には注意が必要です。


②「脳」が欲する食と栄養の摂り方。

脳は食べたものでつくられます。
日々の食生活の影響を最も敏感に受けるのが脳です。
ですから、脳の欲する食と栄養の摂りと方を知ることは、
健全な脳の機能と、こころを育てるうえでとても大切です。
現代の食環境や食習慣から脳が必要とする食と栄養を十分に摂ることが難しくなっているのです。


③脳の本能を満たす考え方や行動。

物事に対する解釈や行動の選択が人生の質を変えます。
人が感じる不幸感の多くは不満足な人間関係に起因しています。
“よりよく生きる”という脳の本能を満たす考え方や行動の選択で良好な人間関係を構築し、
豊かで幸せな人生をおくれる「成幸脳」をつくることができます。


以上の「脳科学的栄養学」の三つの視点から最新の情報を講演・講座活動あるいはHPで発信しております。


私の38年間に及ぶ脳科学研究を通して培った知識とスキルを活かして、
「脳科学的栄養学」をベースに皆様の暮らしに役立つ情報を、
わかりやすくお伝ええしてまいりたいと思います。
 

Adviceアドバイス

脳神経細胞は化学物質に弱い 子供たちの脳を化学物質からまもるために

2019.03.21

脳神経細胞は化学物質に弱い 子供たちの脳を化学物質からまもるために

脳科学的栄養学 No.43 脳神経細胞は化学物質に弱い 子供たちの脳を化学物質からまもるために 胎児は母体を介して環境化学物質の曝露を受けてます。 急増する子供たちの異常行動、学習障害、注意欠陥多動障害、キレやすいなど、こうした行動は胎児期の遺伝子発現、神経回路形成時におけるわずかな障害(微少欠陥)が原因ではと指摘されているのです。 さらに、いじめや差別、頻発する幼児虐待の悲惨な事件など、これらも脳科学的には原因を同じくする連続性の中にあると私は考えています。 身近にあふれる日用品含まれる化学物質はつねに恩恵とリスクの諸刃の剣。 私がこうした考えに至った原体験があります。 30代のころ、研究で脳神経細胞の培養実験を続けていましたが、ある時シャーレの中の神経細胞が次々と死んでいきました。 原因の検証に時間を費やしましたが、最終的に実験室内の換気に問題があるのではと気づき、階下にあった喫煙場所を撤去、また化学合成実験で使用している化学物質の気流が流れ込まないよう培養実験の装置内を陽圧にしたところ問題が解決したという体験です。 「無防備の神経細胞は化学物質に弱い!」、 そのとき受けた強い印象が今の私のメッセージの原点になっています。 脳神経細胞は通常は「血液脳関門」という血管構造で栄養源のブドウ糖など必要な物質以外は脳へ流入しないよう厳重に守られています。 しかし、胎児期や幼児期初期にはこの血液脳関門は未発達。 いわゆる培養実験のシャーレの中の神経細胞とおなじで無防備な状態にあります。 胎児期は胎盤を通して母体から栄養補給を受けますが、この時、母体の脂肪(皮下脂肪)を分解して栄養として胎児に与えています。 清潔・便利・快適な生活をするために毎日使用される多種多用な日用品。 その中に含まれている、多くの脂溶性(脂になじみやすい性質)の化学物質が経皮吸収されると皮下の脂肪組織に蓄積されていきます。 妊娠すると、この脂肪を分解して栄養として胎児に与えていきますので、当然、胎盤を通して胎児の体内に入ってくことは容易に考えられるところです。 胎児ではまだ脂肪組織は発達していないので、一番脂っぽい臓器に集まることになります。 それは脳にほかなりません。 また、脳に限らず、免疫系や内分泌系、生殖系など様々な遺伝子発現の初期に化学物質に曝露し微小な欠陥を受けるとなれば、胎児のその後の人生に大きな影響を与えることになります。 アトピーに苦しむ赤ちゃんの増加、免疫過敏症などの免疫系や、少子化につながる内分泌・生殖系障害などなど・・・。 実は、脳には1千兆個を超すシナプス(神経と他の神経の接合部)がありますが、そのつながりかたを一言で表現するなら“違いを認めてともに生きる”すなわち「寛容」の世界を形成しています。 人類は原始の時代から集団をつくりたがいに守りあって生き抜いてきたことは脳の世界の表れといってもよいでしょう。 すべての哺乳動物は赤ちゃんや子供をかわいがります。 これは本能として遺伝子に組み込まれているからです。 もし、この遺伝子が傷ついていたら、子供をかわいいと思う遺伝子にスイッチが入らないで生まれてきたら・・・いじめや差別、育児障害、幼児虐待などの問題行動につながるのでは・・・。 これらの問題の根本の原因は同じ延長線上にあると考えざるを得ないのです。 子供たちの脳を化学物質から守り、健やかな脳の成長を育てていくに今問われているのは、あくまでも「予防原則」にもとづき、私たちの身近な日用品に含まれる化学物質との付き合い方、ライフスタイルの見直し、賢い行動の選択ではないでしょうか。 予防原則の考えかたや判断は、ご自身の健康観・価値観にもとづきます。 恩恵とリスクの境の線引きをどこにするかは、まずは知識として情報を得ること、そのうえで一人一人の健康観、価値観によって選択は違ってきます。 そうした意味から、私の提唱する「脳科学的栄養学」は、「脳環境化学経皮毒」の視点から、日用品の選び方、使い方を、そして「脳の欲する栄養の摂り方と食」、「脳の本能を満たす考え方と行動」(脳は都合よく使えばいい)の三つの構成からなり、豊かで幸せな人生をおくるための幸せ脳“成幸脳”つくりに貢献することを目的に必要な情報をお伝えしています。 脳科学的栄養学 ◇脳環境科学 経皮毒 「ごみ問題から化学物質の問題へ①」(動画)☟ https://tkumeji3.wixsite.com/growth/blank-2

7
“噛んでふくめる”とは

2019.03.16

“噛んでふくめる”とは

脳科学的栄養学 No.42 “噛んでふくめる”とは 親が食べ物を噛んで柔らかくし、幼児の口に含ませるように、丁寧に言い聞かせるという意味。   家庭では親が子に、 学校で教師が児童に、 社会では先輩が後輩に、 会社では上司が部下に、 慈愛を笑顔でつつみ、 温かな言葉と励ましを絶やさない そんな世界が連想されてくる。   掛け声や叱咤だけでは人はかえって心を硬くし重くするもの。   どこまでも温かく、丁寧に語れば心はのびやかになる。    人をコントロールしようと、強制したり命令したりしないで、あくまでも内実の関わりで、相手が自ら内発的に行動を選択していくように、承認と励ましを続けていく。 励まされる相手は勿論のこと、自身自身の脳も満たされていく。 それは行動と快感を結びつける働きを持つ大脳基底核の「線条体」にスイッチが入り、ドーパミンが放出されて快感に結びつくから。 そんな優しい関わり方が、まさに「噛んでふくめる」を連想させてくれる。 「噛んでふくめる」とは、何ともよい響きのある私の好きな言葉のひとつです。  

4
ブロッコリは野菜の王様

2019.03.13

ブロッコリは野菜の王様

脳科学的栄養学 No.41 ブロッコリは野菜の王様 アンチエイジングやスマートイジングで大切なのは抗酸化対策であることはみなさま周知のとおりです。 抗酸化力の視点で食材を選ぶなら、 魚の王様は「サケ」、 果物の王様は「リンゴ」、 野菜の王様は「ブロッコリー」 です。 「サケ」のアスタキサンチン(身の橙色の色素)の抗酸化力はビタミンEの約500倍、トマトのリコピンを上回る。 「リンゴ」は皮つきのまま食べれば、プロシアニジン(肥満予防)、アントシアニン(高血圧予防、視力改善)、エピカテキン(抗酸化作用)などのポリフェノールが豊富なうえに、ビタミンCや食物繊維もたっぷり。 「ブロッコリ」中の硫黄化合物は体内でスフォラファンという物質に変化しますが、これは発がん物質のデドックス効果や、がん細胞の成長を抑制する酵素を活性化させることなどが報告されています。 さらに他にもカロチン、ビタミンCやイソチオシアネートなど、200種以上のフィトケミカルが含まれるまさに野菜の王様なのです。 ブロッコリの調理にはビタミンCを壊さないよう茹でる時間は短時間がベスト。 さて、ブロッコリーの価値観が変わった私の体験があります。 自宅の食卓のわきにはいつも1冊の「ビジュアル食品成分表」をいつでも手に取れるようにおいてます。 それは、目新しい食材が食卓に並んだ時に、すぐに成分表で確認するためです。 これは私の「食の講座」で受講生にもそのようにすることを説いてますので、いつしかそれが習慣になったもの。 ところで、江戸っ子くめちゃんの私にはブロッコリーはどうにも好きになれない野菜でした。 しかし、あるとき、何気なく見ていた野菜の成分表でブロッコリーが目に留まり、まさに、「ブロッコリーは野菜の王様」と気づいた瞬間から私の脳はブロッコリー大好き!モードに切り替わったのです(^_-)-☆。 人間関係でも、同じですね。 嫌な奴だと思っていたのに、ある感動的なエピソードを知った瞬間から「いい人だなあ」といっぺんに評価が変わって好きになるってことありませんか。 思考のフィルターが変わると感じ方も評価も変わります。 そんなわけで、以来、外食のときにメニューに迷ったら、ブロッコリーをはじめこれら抗酸化力の王様食材が使われているものを選択することにしているんです。

2
女性の脳卒中リスクを高める要因とは?

2019.03.07

女性の脳卒中リスクを高める要因とは?

脳科学的栄養学No.40 女性の脳卒中リスクを高める要因とは? 脳卒中のリスクは一般に男性が女性に比べて高く、女性には妊娠や経口避妊薬の使用、ホルモン補充療法といった特有の危険因子が存在します。 しかし、近年、女性の社会進出に伴ってライフスタイルの差異も小さくなってきています。 そんな状況の中で今回、女性は男性と比べて脳卒中を発症するリスクが高いとする研究論文がありましたので紹介します。 さて、女性の中でも特にそのリスクが高い人にはどのような特徴があるのだろうか。 米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院のKathryn Rexrodeらは、これまでの研究論文のレビューに基づき女性の脳卒中リスクを高める因子を特定し報告しています。 報告によると、米国では脳卒中の年間発症者数は女性が男性を5万5,000人上回る。 しかし、女性は男性と比べて脳卒中リスクが高く、死亡率も大幅に高いことはあまり知られていないという。 確かに、日本では他の心血管病と同じく、脳梗塞は男性に多く、女性に少ないです。 しかし女性の脳梗塞患者は男性に比べ、高齢発症で、発症時の重症度が高く、予後不良となりやすいことが知られていました。 論文では、なぜ女性は男性と比べて脳卒中リスクが高いのか、どのような要因が女性の脳卒中リスクを上昇させているのかを調べるため、女性に特徴的なさまざま因子と脳卒中リスクとの関連について検討した複数の研究データを収集し、分析。 その結果、女性の脳卒中リスクに強く関連する複数の因子が浮かび上がったという。  そのリスク因子とは、 ・「初経が早い(10歳未満)」 ・「閉経が早い(45歳未満)」 ・「デヒドロエピアンドロステロン(DHEAS、男性ホルモンの一種)の分泌量が少ない」 ・「避妊用ピルの使用」 ・「更年期障害に対するホルモン補充療法(経口エストロゲン製剤)」 ・「妊娠中/周産期」 ・「妊娠糖尿病」 ・「妊娠中の高血圧/妊娠高血圧腎症」 などだったという。  論文では、これらのリスク因子がある女性は珍しくないが、このうち1つあるいは2つ以上の因子があったとしても、実際に脳卒中を発症する女性は極めて少ないとのこと。 ただし、医療従事者に対しては「こうしたリスク因子がある女性は注意深く経過を観察すべき」とした上で、「本人にもリスクが高いことを認識してもらい、高血圧リスクを低下させ脳卒中を予防するために健康的な生活習慣を身につけるよう促すことが望ましい」と助言している。 原著論文はこちら Demel SL, et al. Stroke. 2018 Feb 8. [Epub ahead of print]  

3
大人の咳嗽(せきこみ)に対してハチミツ+コーヒーが有用

2019.03.04

大人の咳嗽(せきこみ)に対してハチミツ+コーヒーが有用

脳科学的栄養学 No.39 大人の咳嗽(せきこみ)に対してハチミツ+コーヒーが有用 蜂蜜が小児のせきこみに有効との論文が以前ありました。 これによって親も快適に眠れるでしょうから、難治性の小児のせきこみに対して、ハチミツが試されてきています。 今回、大人に対しては「コーヒーと合わせて飲むほうが良い」との論文をみつけましたのでご紹介します。 Raeessi MA, et al. Honey plus coffee versus systemic steroid in the treatment of persistent post-infectious cough: a randomised controlled trial. Prim Care Respir J. 2013;22:325-330. これはイランの大学病院で実施されたランダム化*比較試験の報告です。3週間以上続く感染後咳嗽の成人患者97人(平均年齢40歳)が被験者です。 *臨床研究では治療群(治療を行う群)と対照群(治療をせず観察のみの群)の2群に分けて比較するが、2群に分ける際に無作為に分けている研究を指す。治療効果の検討方法としては現在有効性がある方法と認められている。無作為に割り付けることにより両者の性質が均等になることが見込まれるため、二つの群の性質の違いが結果に影響を及ぼす可能性が少なく、非ランダム化比較試験よりも高いエビデンスレベルであるとされている。 お湯200mLにハチミツ20.8gとインスタントコーヒー2.9gを溶かして8時間ごとに1週間飲み続けるハチミツコーヒー群(29人)と、 ハチミツ+コーヒーの代わりにプレドニゾロン13.3mgを入れるステロイド群(30人)と、 同じく鎮咳薬グアイフェネシン25gを入れるコントロール群(26人) を設定し、ランダムに割り付けました。 ハチミツはイランの山奥で採れたものを用いたとしています。 スーパーで買ったものでは? 高級ハチミツなのかどうか? この点は不明ですがアウトカムは介入前と介入1週間後の咳の頻度をスコアで比較しています。 実験では97人中12人が脱落しているのが気になりますが、 残りの85人で解析が行われています。 その結果、 ハチミツコーヒー群とステロイド群では有意に咳嗽の頻度が減少してます。 スコアの変化は圧倒的に ハチミツコーヒー群で高くなっています。 ハチミツコーヒー群は、ほぼ咳嗽スコアがゼロになっています。 ハチミツだけでなく、コーヒーにもある程度気管支拡張作用がありますから、これも咳嗽の軽減に寄与したのかもしれません。 なるほど、ハチミツコーヒーか。 今度、せきこみが続くときには実際に試してみるとしましょうかね。 みなさまもご参考にされてみてください(^^)/  

3
カロリー過剰が脳を老化させる?

2019.02.28

カロリー過剰が脳を老化させる?

脳科学的栄養学 No.38 カロリー過剰が脳を老化させる? 食べる量を減らすと寿命が延びることは疑う余地のないほど動物実験で繰り返し実証されている。 簡単に言えば食事から摂取するカロリー量を制限することで、脳を含めてからだ全体の老化の進展を遅らせることができるということ。 カロリー過剰に摂取するほど、老化のダメージが蓄積するのが早くなる。 実際に食事量を30~40%減らした低カロリー食を与えられた実験動物は、通常よりも1.3倍から1.5倍長生きする。 低カロリー餌を与えられたグループは通常の餌を与えられたグループと比較して、実年齢は同じでも生物学的年齢では半分ほどしか年を取っていないことが確認されている。 記憶力や脳の様々な機能を含めて、あらゆる面で若いという結果が出ている。 こうした違いを生む理由のひとつは、 単純にカロリーを処理する量の違いにある。 カロリーを代謝する過程で酸素を燃やす必要があり、そこでフリーラジカルが発生してしまう。 つまり、カロリーの摂取量が多いほど、神経細胞を含めてからだ全体の細胞にダメージを与えるフリーラジカルが多くつくられやすくなるから。 その結果、精神機能も早く衰えやすくなる。 一生を通じて比較的少ない量のカロリーしか燃焼していない動物は、死後に調べてみると細胞がフリーラジカルから受けたダメージが少ない。 また、小食にするとフリーラジカルの生成量を削減できるとともに、抗酸化作用のある酵素の生成量が劇的に高まる。 脳神経細胞を破壊するフリーラジカルを退治してくれる酵素のスーパーオキシドジスムターゼ(SOD)やグルタチオンなどの体の中での合成能が高まり、より多くの抗酸化物質を脳に供給できるようになるのです。 SODが働くためには、SOD構成成分であるミネラルの亜鉛、銅、セレンが不可欠です。 亜鉛を豊富に含む食材としては牡蠣、あさり、マイタケ、焼きのり、ごま、ココアなど 銅は牛・豚レバ―、牡蠣、ほたるいか、ごまなど セレンは桜えび、ホタテ、うなぎ、あじ、いわし、あさり、ごまなどがあります。 一方、グルタチオンはグルタミン酸、システイン、グリシンの3つのアミノ酸から成るトリペプチドと呼ばれる化合物。 グルタチオンを多く含む食品には、アスパラガスやブロッコリー、ほうれん草やアボガド、牛レバーや赤貝などがある。 SODやグルタチオンは体内で合成されるので、その原材料を含む食材から摂ることがお勧めです。 そのほかに抗酸化ビタミンの ビタミンA・C・Eや フィトケミカルの カロテノイド(βカロテン、アスタキサンチン、リコピンなど) ポリフェノール(アントシアニン・ルチン・カテキン・イソフラボンなど)などがあります。 これら抗酸化作用の高い野菜や果物を食べて活性酸素を除去してアンチエイジングですね(^_-)-☆。  

2
もっと見る

INFOインフォメーション

名称 薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス
(ヤクガクハクシタケウチクメジサンカラノアドバイス)
住所 東京都調布市
公式URL http://tkumeji3.wixsite.com/growth
竹内 久米司
竹内 久米司

1943.6.12 東京生まれ
薬学博士

GROWTH健康づくり協会 代表

一般財団法人
 日本プロスピーカー協会
  顧問

一般財団法人
 日本プロスピーカー協会
  認定シニアプロスピーカー

一般社団法人
 福島県セラピスト協会
  顧問