薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス

「脳科学的栄養学」をベースによりよく生きるための健康づくりに貢献します

薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス

学ぶとは、心に誠実を刻み付けること。
38年間の脳科学研究から培った知識とスキルを
わかりやすくお伝えします。


みなさま こんにちは。

私はGROWTH健康づくり協会で「脳科学的栄養学」を伝えている竹内久米司です。

「脳科学的栄養学」は私が初めて提唱している領域で、
脳神経細胞の“よりよく生きる“という本能を満たし、
良好な人間関係を構築しながら、豊かで幸せな生き方ができる幸せ脳、
すなわち「成幸脳」をつくることを目的としています。


この「成幸脳」つくりに欠かせない大切な三つの要素があります。

それは、

①「脳」を環境化学物質から守ること。

特に、脳の発生から発育段階にある胎児期や幼児期に、
母体を通して日用品に添加されている多くの環境化学物質に曝露されることで、
その後の人生に大きな影響を与えてしまう可能性があるからです。
そのため妊婦さんの日用品の選び方、ラベルの見かた、使い方には注意が必要です。


②「脳」が欲する食と栄養の摂り方。

脳は食べたものでつくられます。
日々の食生活の影響を最も敏感に受けるのが脳です。
ですから、脳の欲する食と栄養の摂りと方を知ることは、
健全な脳の機能と、こころを育てるうえでとても大切です。
現代の食環境や食習慣から脳が必要とする食と栄養を十分に摂ることが難しくなっているのです。


③脳の本能を満たす考え方や行動。

物事に対する解釈や行動の選択が人生の質を変えます。
人が感じる不幸感の多くは不満足な人間関係に起因しています。
“よりよく生きる”という脳の本能を満たす考え方や行動の選択で良好な人間関係を構築し、
豊かで幸せな人生をおくれる「成幸脳」をつくることができます。


以上の「脳科学的栄養学」の三つの視点から最新の情報を講演・講座活動あるいはHPで発信しております。


私の38年間に及ぶ脳科学研究を通して培った知識とスキルを活かして、
「脳科学的栄養学」をベースに皆様の暮らしに役立つ情報を、
わかりやすくお伝ええしてまいりたいと思います。
 

Adviceアドバイス

食卓を7色の食材で

2019.01.21

食卓を7色の食材で

脳科学的栄養学 No.27 食卓を7色の食材で 野菜や果物はフィトケミカルの宝庫です。 その種類は1000種類以上。 いったいどれをどれだけ、いつ摂ればいいのかと毎日「計算」するのはムリ。 そこで一番楽ちんな方法は「色」で見分けることです。 赤いトマトやニンジンにはβカロテン、緑黄色野菜にはクロロフィルなど、濃い紫のブルーベリーにはアントシアニンと栄養素も独自の色を持っています。 野菜ばかりではなく、他の食品についても同じことが言えます。 果物は簡単。 赤はイチゴ、スイカ、サクランボ、リンゴ、クランベリー 緑はキウイ 黄色はマンゴー、オレンジ、みかん、パイナップル 白は桃、ナシ、ラ・フランス、ライチ 紫はブドウ、ザクロ、ブルーベリー 魚も分かりやすいです。 赤身のマグロやサケ 白身のタイ、ヒラメ、イカ、シラスなど 肉は過熱して赤身から茶色になる牛肉、豚肉 加熱しても白身の鶏肉 あまりなさそうな 黒も、黒ゴマ、ひじき、めかぶ、黒豆、昆布、干しブドウ、プルーン 茶色には、ゴボウやキノコ類だけではなく、ナッツ、アーモンド、味噌など 赤、緑、黄色、白、紫、茶、黒 食卓にこの七色がそろっていれば、その食事はバランスが取れていると云えます。 カロリーばかり気にせず、是非「色」を数える習慣も身につけましょう!  

5
薬もサプリメントも明確な目的と感謝で飲むとGood!

2019.01.17

薬もサプリメントも明確な目的と感謝で飲むとGood!

脳科学的栄養学 No.26 薬もサプリメントも明確な目的と感謝で飲むとGood! 「これはよく効くお薬です」と、信頼する医師から言われて飲むと、実は小麦粉でも偽薬(プラシーボ)効果が出ることがある。 いわゆるプラシーボ効果とよばれるもの。 わたしが医薬品開発の現場に長いこと携わってきた経験からいえばこのプラシーボ効果は間違いなくあります。 偽薬を用いたある実験報告では鎮痛効果が30%も認められたという。 ですから、これをうまく利用することで、自分でも治療の効果も高めることができます。 薬やサプリメントを飲むときには、ただ機械的に口に入れるのではなく、まず服用目的や意味を明確にすることです。 そのうえで、この成分がからだのなかで、気になる部分や悪いところに到達して治してくれるということをイメージしてみてください。 そして、「ありがとう!」と、その働きに感謝して飲んでみてください! 効果は明らかに違ってきますよ。 「脳科学的栄養学」の視点からは、恐らく脳がそうしたイメージを受けて、からだを整えていくようシステムをセットするのでプラシーボ効果があらわれてくるのでしょう。 とくに、作用がマイルドで習慣的に飲むサプリメントの場合は、 利用に至った目的と、気になる症状がどう改善されたか、されていないかを視覚的にチェックすることです。 私は、毎回チャックシートをつくって気になる症状が改善されているかを確認しています。 なぜならサプリメントの効果を数カ月で実感するのはなかなか難しいからです。 ただ健康に良いという漠然とした考えでやみくもに飲まないことです。それでは、企業からしたら思うつぼ。 健康づくりに賢い消費者になるためにもとても大切なことなのです。 また、からだのシステム・原則を無視した健康法や、やたらと購買意欲を誘うサプリメントは要注意です。 効果が明確なものは、すでに医薬品として開発されているからです。 サプリメントはあくまでも機能性食品、すなわち食品なのですから、効果を過剰に期待したり、大量に飲めばよいものではありません。 そして健康づくりになによりも大切なことは、どんな健康法やサプリメントの使用よりも、日々の生活習慣・食習慣をまず改善することが最優先であることを忘れないことです。 どんな、効果が期待されるサプリメントであっても食事の代用には決してなりません。   

2
脳に記憶されやすい情報とされにくい情報って?

2019.01.14

脳に記憶されやすい情報とされにくい情報って?

脳科学的栄養学 No.25 脳に記憶されやすい情報とされにくい情報って? どんな人でも毎日何かを記憶し、その記憶の中からいくつかを呼び出して生きています。 新聞やテレビ、雑誌、他人、出来事などの膨大な情報が次々と通りすぎていきますが、実は脳では、その人が意識していなくても、その情報のいくつかが選択されて記憶のプロセスに入ってきます。 もし、それらのどれもが記憶する価値がないとなれば、脳は何も覚えないことになりますが、実際にはそんなことはないでしょう。 その場合、記憶のプロセスに入れる情報の選択基準は「興味」ということになります。 英語では興味はInterest 「インタレスト」といいますが、辞書で調べるとこれは「利害関係」という意味を含んでいます。 だから、情報選択の基準は、英語のInterestにあるといってもいいかもしれません。 「興味」というのはその人の固有のものであって、特定の職業を持つ人では、その職業に偏る傾向があります。 それは、知っているか知らないかで収入や立場が変わるからです。 つまりそこには利害関係が絡んできます。 だから、当然ながら、仕事に関係ある情報は記憶されやすいということになります。 好奇心であれ利害関係であれ、興味の内容ごとに、記憶に動員されるニューロン(神経細胞)は脳内のある領域に限定され、その領域のニューロンは活性化されてます。 活性化されているということは、若干の出力が用意されているということにほかなりません。 記憶というのは、エネルギーを消費します。 ニューロンが活性化されずに出力が小さいままでは、記憶することは難しくなります。 活性化されていないニューロンの持ち主の前では、どんな有意義な情報も、無縁な通行人のように通り過ぎてしまいます。 つまり人は、自分の興味を持っている領域の情報をかなりどん欲に捕まえようとします。 ということは、その領域のニューロンが活性化されているということです。 これは、逆に言えば「活性化されたニューロンは興味の生みの親」ということでもあるし、また「記憶をよくしたかったら、ニューロンをどうやって活性化するのかを知らなければならない」ということにもなります。  

3
コーヒー好きには「カフェイン」は効かない?

2019.01.09

コーヒー好きには「カフェイン」は効かない?

脳科学的栄養学 No.24 コーヒー好きには「カフェイン」は効かない? 政府が提唱する政策「働き方改革」 まだまだ、長時間労働で頑張る人は多いのが現実ですね。 そんなとき、缶コーヒーや栄養ドリンクで頭がさえるのはなぜ? それは、覚醒作用のあるカフェインの作用と血糖値が上がるからです。 ちなみに  缶コーヒーのカフェイン含有量は60mg、  紅茶30mg、  レッドブル32mg、  モンスターエナジー40mg、 栄養ドリンク剤よりコーヒーの方が多い。 カフェインの覚醒効果を期待するなら、チョコレートでも同じです。 とくにカカオの量が多いチョコレートほど、カフェイン量も多いからです。 ただ、カフェインはすぐに耐性がつくので、習慣的にコーヒーや栄養ドリンクを飲んでいる人は、それほど効果は期待できなくなります。 それでも、ガブ飲みしていると、今度は体内のミネラルバランスが崩れます。 コーヒーは1日3~4杯ほどが適当と言われています。 栄養ドリンクには100mlあたり角砂糖11~12個分に相当するかなりの糖分が含まれているので、血糖値はすぐに上がります。 ですから飲み過ぎは肥満の元になるのは当然のこと。 もし、コーヒーや栄養ドリンクでシャキっとしなくなったら、耐性がついた証拠です。 そんな時は、1~2週間カフェイン断ちをすると、再びカフェインが効くようになりますよ。  

4
「カロリーゼロはからだにいい」は思い込み

2019.01.06

「カロリーゼロはからだにいい」は思い込み

脳科学的栄養学 No.23 「カロリーゼロはからだにいい」は思い込み 「ドリンクはカロリーゼロを選ぶようにしています」 「カロリーゼロはからだにいいですから」・・ かなり健康意識が高く、仕事もバリバリなりこなす人でも、このような話を私にしてきます。 脳科学的栄養学の提唱者とし、ひとこと言わせていただくとするなら、「カロリーゼロはからだにいい」は明らかに思い込みです。 カロリーゼロをうたう清涼飲料水の多くには、ラベルを見ると砂糖の代わりにアスパラテーム、スクラロース、アセスルファームカリウムといった人工甘味料が使われています。 アスパラテームの甘さは砂糖の200倍、ごく少量で甘みをつけられるので、カロリーを抑えることはできます。 しかし問題があります。 膵臓から分泌されるインスリンです。 実は最近になって、甘みを感じるとインスリンが分泌されると言われるようになってきました。 真意のほどはまだ判明しませんが、もし事実とするなら、人工甘味料だと肝心の糖分がありません。 これは正常な状態ではないので、からだにとっては相当のストレスになって、徐々にインスリンの働きも悪くなってきます。 問題は人工甘味料は、利用するようになって歴史は極めて浅く、100%安全性は確認されていません。 何年かしたら、実は危険性が見つかって使用禁止になるかもしれません。 科学的証明はいつも後回しになる傾向があります。 そうしたことから私は、正直お勧めしたくありません。 人工甘味料を使っていないスポーツドリンクはどうでしょうか。 これらは、砂糖や果糖ブドウ糖液糖の甘みなので、アスリートも練習中や練習後に安心して飲めます。 ただし、スポーツドリンクはエルゴジェニックエイドといって、運動機能を高めるための飲み物であることをわすれてはいけません。 つまり、運動中に失われた水分と枯渇したエネルギーを補給するという目的でつくられたドリンクですので、当然、エネルギー源となる糖分が結構入っています。 ですから、スポーツの関係ない時に頻繁に飲んでいると、当然肥満につながりかねません。 ちなみにポカリスエット500mlペットボトルのカロリーは125Kcal,糖分は31g含まれています。

3
やせるからだのつくり方

2018.12.27

やせるからだのつくり方

脳科学的栄養学 No.22 やせるからだのつくり方 あたりまえののことですが、カロリーを減らしてやせるというのは、新陳代謝のレベルを下げるということ。 しかしこれは、マイナス面もあるんですよ。 なぜなら、代謝が低いということで、いかんせん若々しく見えなくなってしまうのです。 やせることに集中していて気が付かないのかも知れないけど、 例えば、ロウソクは燃えている炎が小さいから精いっぱいアピールしてもどこか弱々しく見えてしまうのとおなじ。 反対に、代謝量の大きい人は、エネルギッシュでいかにも生命力にあふれているような印象を周囲に与えていくよね。 野菜や果物でも同じですよ。 栄養が不足して元気のないものよりも、みずみずしくて、ぎゅっと中身が詰まっているほうが、美味しそうに見える。 ダイエットをするにしても 「食べる⇒使う」というサイクルを小さくするようなやり方は薦められない。 大切なのは「食べたものが、全部からだになるようにしましょう」ということ。 やせたければ、食べたものが全部吸収されて、からだの材料になってしまえばいいわけ。 つまり、肉も野菜もご飯もパンも、そこに含まれている栄養分を余らさなければいいわけです。 やせるために、炭水化物制限をする人が多くいるけど、炭水化物をとっても、それがちゃんと使われてしまえばいいわけで、この考え方が体にとっては基本原則なのです。 「食べる⇒使う」のサイクルが小さいと、少ししか使われないので、ちょっと余った分が体脂肪となって体についちゃうのです。 やせたければ、カロリーを減らすより、エネルギーを消費しやすい体に変えるほうが近道なんですよ!(^^)/  

4
もっと見る

INFOインフォメーション

名称 薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス
(ヤクガクハクシタケウチクメジサンカラノアドバイス)
住所 東京都調布市
公式URL http://tkumeji3.wixsite.com/growth
竹内 久米司
竹内 久米司

1943.6.12 東京生まれ
薬学博士

GROWTH健康づくり協会 代表

一般財団法人
 日本プロスピーカー協会
  顧問

一般財団法人
 日本プロスピーカー協会
  認定シニアプロスピーカー

一般社団法人
 福島県セラピスト協会
  顧問