コーヒー好きには「カフェイン」は効かない? | 薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス

「脳科学的栄養学」をベースによりよく生きるための健康づくりに貢献します

薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス

2019.01.09

コーヒー好きには「カフェイン」は効かない?


科学的栄養学 No.24

コーヒー好きには「カフェイン」は効かない?



政府が提唱する政策「働き方改革」

まだまだ、長時間労働で頑張る人は多いのが現実ですね。

そんなとき、缶コーヒーや栄養ドリンクで頭がさえるのはなぜ?

それは、覚醒作用のあるカフェインの作用と血糖値が上がるからです。

ちなみに
 缶コーヒーのカフェイン含有量は60mg、
 紅茶30mg、
 レッドブル32mg、
 モンスターエナジー40mg、

栄養ドリンク剤よりコーヒーの方が多い。

カフェインの覚醒効果を期待するなら、チョコレートでも同じです。

とくにカカオの量が多いチョコレートほど、カフェイン量も多いからです。

ただ、カフェインはすぐに耐性がつくので、習慣的にコーヒーや栄養ドリンクを飲んでいる人は、それほど効果は期待できなくなります。

それでも、ガブ飲みしていると、今度は体内のミネラルバランスが崩れます。

コーヒーは1日3~4杯ほどが適当と言われています。

栄養ドリンクには100mlあたり角砂糖11~12個分に相当するかなりの糖分が含まれているので、血糖値はすぐに上がります。

ですから飲み過ぎは肥満の元になるのは当然のこと。

もし、コーヒーや栄養ドリンクでシャキっとしなくなったら、耐性がついた証拠です。

そんな時は、1~2週間カフェイン断ちをすると、再びカフェインが効くようになりますよ。
 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっとママ横浜は一切の責任を負いません