お寿司はヘルシー?? | 薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス

「脳科学的栄養学」をベースによりよく生きるための健康づくりに貢献します

薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス

2019.02.03

お寿司はヘルシー??


科学的栄養学 No.31

お寿司はヘルシー??



日本人はおすしが大好きです。

人が集まるとおすしを作ったり、出前でとったりします。

節分にはその年の恵方を向いて、無言で巻きずしを丸かぶりすると縁起が良いとする「恵方巻」の習慣も全国的に広まってきました。

外食をする際にも、おじいちゃん・おばあちゃんからお孫さんまで、好きなものを食べることができ、ヘルシー感もある回転ずしはとても人気で、すっかり食文化として定着しています。

「回転寿司に関する消費者実態調査2017」(マルハニチロ調べ)によると、回転ずし店で食べる「すし」の量は平均9.3皿(男性:10.8皿、女性:7.8皿)で、よく食べているネタは、サーモン(46.3%)、マグロの赤身(34.2%)、ハマチ・ブリ(30.2%)、マグロの中トロ(30.1%)、イカ(22.5%)なのだそうです。

でも、実は酢飯には酢だけでなく、砂糖や塩が含まれています。

そのため、血糖や血圧が上昇することになります。

また、回転ずし1個のご飯量は約20gといわれています。

10個を食べると、ご飯量は約200gとなり、炭水化物量は75g近くになります。

つまり、ご飯だけで75g糖負荷試験をしていることになります。

実際には砂糖が含まれているので、それ以上の糖負荷になります。

おすしをよく食べる人は、この情報を意識して上手においしくいただきましょう。

とくに血糖値や血圧が高めの方はサラダの皿などを摂りながら
食べ過ぎないよう注意が必要です。 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっとママ横浜は一切の責任を負いません