幼児教育無償化 | ファイナンシャルプランナー大宅信夫さんからのアドバイス

お金のプロとして、ママに役立つ価値ある情報を提供します

ファイナンシャルプランナー大宅信夫さんからのアドバイス

2018.12.14

幼児教育無償化


こんにちは。ファイナンシャルプランナーの大宅信夫です。
お金のプロとして、
ママに役立つ価値ある情報を、
このブログを通してお伝えして参ります。

「も~い~くつねると~おしょうが~つ~♪」
平成最後の年末、いかがお過ごしですか?
さて、来年は年号が変わります。
いろいろな変化がありそうですが、子育て世帯の興味関心は
「幼児教育無償化」では無いでしょうか?

本当に実現するのですか?
我が家は関係ありますか?
などなどご質問を頂きますので、改めてポイントをお伝えいたします。

時期は2019年10月から本格実施することが決定しています。

内容はというと、

①認可の場合 (認可保育園や幼稚園)
•    0~2歳児は住民税非課税世帯が対象
•    3~5歳児は全世帯が対象

②認可外の場合
•    就労などで自治体から保育が必要だと認められた世帯に限り、認可外は、全国の平均保育料35000円(上限)を補助
•    補助対象は、企業主導型保育所、幼稚園による一時預かり、ベビーホテルなどを幅広く対象とする予定

上記がポイントになります。
認可外の場合は補助額上限(35000円)がありますので、超えた金額は自己負担となります。
ちなみに認可外の場合に関しましては議論がまだされていますので、今後変更になる可能性もあります。

皆様のご家庭はどこに該当しますか?

大宅家の双子ちゃんはというと、①認可の場合、3~5歳児に該当しますので、2019年10月から無償化対象となります。

年間数十万の保育園料が無償化されるわけですから、素直に助かります。

削減された保育園料は何に使うか家族会議をした結果、私の希望「月に一度の豪華外食」は却下されまして、
妻の希望通り、2019年10月以降は「保育園料払ったつもり貯金」をしていく方向となりました。

幼児保育無償化されたお金の使い方、大切ですよね。

家族会議はお勧めです、今後も笑顔溢れるご家庭の実現に寄り添ってまいります。

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっとママ横浜は一切の責任を負いません

CALENDERカレンダー

  • 2019年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

CATEGORY記事カテゴリ

NEW新着記事