横浜市の子育てママを応援する「ぐるっとママ横浜」の社長のブログです。

子育てママを応援するぐるっとママの社長のブログです

ぐるっとママの社長のブログ

blogブログ

ウンチについての話

2019.01.22

ウンチについての話

本を参考にしてますが、健康なウンチについて書きます。 1.太さ→太いのがいい 2.色→山吹き色 3.臭い→臭いが少ない方が良い。動物性脂肪を摂りすぎると臭いらしい 4.切れ→トイレットペーパーでふかなくても良いくらいがいいらしい だそうです。和食を進めるのは植物繊維の多さが良いウンチを作るそうです。 動物性食品を食べ続けていると不健康なウンチです。 体で作られる免疫の70%は大腸だそうです。 今、インフルエンザが猛威を振るっています。免疫力は大切です。 野菜や豆類、海藻類をたくさん食べて冬を乗り越えましょう。 朝の味噌汁に豆腐と納豆と大根おろしを入れて熱々をどうぞ^_^ 写真は中目黒にある天ぷらみやじまの釜だきご飯です。  

0
笑い合える仲間の存在

2019.01.21

笑い合える仲間の存在

昨日、仲間で新年の餅つき大会をしました。 子供をふくめ、30人くらいで代わる代わる3回の餅つきをしました。 どの写真をとっても笑いあっている。 心の底から笑っている。大人が笑っているから、子供も満面の笑みを浮かべている。 上質な笑いとはどのようなものをいうのだろう。 お互いが認めあっていてそこは安心で安全な空間。 安心で安全とは 非難をしない。 邪魔をしない。 束縛をしない。 押し付けをしない。 そのためにはどのような考え方が重要だろう。 自分と相手は違うという大前提がある。 例えば、納豆は体に良いので食べるべき!! それは正しい。 でも納豆が嫌いでどうしても食べられない人に食べるべき!!と言い続けていたら、 どのような結果になるだろう。 納豆が好きになる前に食べるべきと言い続けた人を嫌いになるだろう。 安心で安全とは自分の正しさを押し付けない空間だと私は思っている。 嫁姑でも同じことが言える。 姑の言っていることは正しいかもしれない。 でも嫁とは価値観の違いがあるから、正しいとは思わない。 姑も嫁も自分の正しさを押し付けていたら、決して良い結果は得られない。 我慢するのではなく、価値観の違いを知ることが重要かと思います。 嫁姑が仲良く、心の底から笑っていると夫も子供も満面の笑みを浮かべると思います。  

2
大根の葉で振りかけ

2019.01.19

大根の葉で振りかけ

子供は振りかけが大好き。特に朝などの忙しい時、振りかけがあると助かる。 昨日、夫が所用で三浦へ行ってそのついでに農家に寄り、三浦大根を買って来てくれた。 ご存知の通り、三浦大根は煮崩れしない上に辛味も少なく、とても美味しい。 葉が付いていたので よく洗い、 茹でてしっかり絞り、 細かく刻んで 胡麻油でしっかり炒め、 そこにちりめんじゃこと 炒りごまを入れて 塩と醤油、味醂で味を調える。 冷ますためにお盆などに広げて置く。 市販のものは美味しいが化学調味料や保存剤が入っている。 出来立ての熱々のご飯にたっぷりかてたっぷりかけてはい、召し上がれ❣️

2
松好さんの勉強会

2019.01.18

松好さんの勉強会

今日は助産師 松好和恵さんの勉強会でした。 「毎日ご機嫌ママでいる秘訣」~夫婦関係編~ ご夫婦で選択理論心理学を学んでいます。学ぶ前の夫婦関係と学んだ後の関係を 比較しながら、理論と実践を話してくださいました。 一般的なセミナー形式ではなく、随時、受講生からの意見や質問にお答えいただきながら 進めてくださいました。 後半は深いところの話をされました。 選択理論心理学提唱者のウイリアム・グラッサー博士も夫婦のセックスについて具体的に述べられています。 助産師とは「性と生殖のプロフェッショナル」だそうで産後の性生活についての話になりました。 産後、お互いに遠慮しながら、切り出せない事。そして日本の住環境などの影響もあり、セックスレスに陥りやすい。 しかし、夫婦間にセックスがない事の結果は決して幸福ではない。 松好さんはおっぱいケアに来られるママにはこれについての相談も受けているそうです。 毎回ですが、本当に若いママに聴いてほしい。 次回は2月15日(金)10:30~12:00です。  

3
女の子の育てた先輩ママとして^_^

2019.01.17

女の子の育てた先輩ママとして^_^

今日は朝から郡山に来ています。次の約束まで時間が空いたので大好きな農協の即売所に行きました。 そしてこの写真^_^ これ又、大好きな石焼き芋をハフハフしながら食べてます。 昨日は私の長男のエピソードを書きました。 決してそれが正解だからこの通りにしてくださいと言っているのではなくてあくまでも私の経験です。 今日は長女。 娘は中学校でイジメにあいました。理由はわかりません。多分、嫉妬かな? 初めは部活の仲間から仲間はずれ。それが広がってみんなから仲間はずれ。 本当に可哀想だった。私も忙しかったので一緒に居られるのは夜と休日だけ。 帰ってくるといつもハグをして話を聞くだけです。イジメがあったおかげで沢山、話をする事が出来ました。 あまりひどい時は相手の家に殴り込みに行こうとしたら娘に止められました笑笑 女の子は男の子と違い、母子の会話が重要かと思います。 過干渉になるのではなくて常に会話の中から、変化を見つけ、危ないことは未然に防ぐ手立てが必要と思います。 何故なら、女性は子供ができる体だからです。 これは聞いた話ですが、娘さんが高校三年生の時、産気づいて母親に救急車を呼んでくださいと頼んだ。 母親はその時、初めて娘が妊娠していたことを知った。 …… 男性はやり直しが出来ます。でも女性の望まない妊娠、出産は負のスパイラルに入ってしまいます。 その変化を見つける役目は家庭、母親かと思います。 女の子が小学校高学年くらいになったら母子2人で買い物に行ったり、お料理をしたりと会話の機会を意図的に設けたら、良いかと思います。

3
やんちゃな男の子を育てた先輩ママ^_^

2019.01.16

やんちゃな男の子を育てた先輩ママ^_^

このおっぱいは私のではないことを言っておきます笑笑 本当に男の子を育てるのは大変ですよね。 長男、長女と2人の子育てをしましたが、本当に男の子は体を張って育てた感があります笑 今だったら、色んな病名がついてしまったのではないかと思うくらいヤンチャでした。 小学生の頃、友達と喧嘩して家から包丁を持ち出して裸足で玄関を飛び出したり、 いきなり後ろ蹴りして怪我を負わせたり、 学校の授業中、家に帰ってきちゃったり …それはそれは沢山のヤンチャをやってくれました。 担任の先生が我が家の電話番号を短縮に入れたいと言うくらいでした。 良い所は 負けず嫌い。 よく食べる。 友達思い。 そして今は社長業。 私がした事は何も無い。 男の子は放っておいた方が良いのかも。 たまにガツンと叱った笑笑 いづれにしても今の世の中、少しでもヤンチャだと異端児扱いだ。 ヤンチャじゃない方が心配なのに。 ヤンチャな子を持ったママさん、肝っ玉母ちゃんになってくださいね。 そしてやってはいけない事だけはしっかり教えてくださいね。  

3
もっと見る

INFOインフォメーション

名称 ぐるっとママの社長のブログ
(グルットママノシャチョウノブログ)
住所 神奈川県横浜市西区
山本 欣子
山本 欣子

株式会社J-FORTUNE 代表取締役
株式会社ピーズエンジニアリング 顧問
一般財団法人日本プロスピーカー協会 顧問
選択理論心理学会 会員
公益社団法人モラロジー研究所 維持員