横浜市のショップニュース一覧です。最新情報やイベント情報など。

  • マイページ

PICK UPショップニュース

ショップニュースを絞り込む
検索結果:28件見つかりました

専門家からのアドバイス

子どもの脳の成長に不可欠な、親子の良好な人間関係!
5

2018.11.07

子どもの脳の成長に不可欠な、親子の良好な人間関係!

子育て楽しんでますかあ! 保護者の方々が子育てを楽しいと感じておられる事が、実は子どもたちの脳の成長にとってとても大切だと言う素敵な情報を見つけたのでシェアいたします! ワシントン医科大学の研究グループは、MRIを用いて92人の子どもの脳をスキャンしました。 親が子育てに積極的で、 子どもとコミュニケーションをしっかりとっていることを充分に浴びて育った子どもは、 そうでない子どもに比べて、脳の海馬の大きさが10%近くも大きかったそうです。 Joan Luby博士は、 「人間の脳が発達していくうえで、心理的環境は非常に大きな影響を及ぼす」と述べています。 “虐待を受けた子どもの脳が委縮していた” なんて悲しいニュースもあります。 大きな海馬のためには、大きな愛情を。 お子さまの教育のうえで、最も大事にしたい基本です。 「朝ごはん(※特にお米)をしっかり食べる」 「充分な睡眠をとる」 といったことも、子どもの脳の発達には必要不可欠です。 良質な生活習慣を維持しつつ子育てしていきたいですね! 子育てを楽しいと感じるために! 森の保育園では、保護者の皆様に選択理論心理学の学びをお勧めしています! 事実は一つ!解釈は無数!  

保育・食育のプロ 長野眞弓さんからのアドバイス

5

専門家からのアドバイス

忙しいママが気分良く過ごす秘訣
7

2018.11.07

忙しいママが気分良く過ごす秘訣

育児していると、1日があっという間ですね。 赤ちゃんのお世話と、掃除、洗濯、ご飯作り。 自分の時間なんて、ほぼゼロ。 家にいるのに、こんなにやることがあって、 主婦って本当に大変だなと、私も痛感したものです。 でも、どんなに頑張っても、 誰からもありがとうもないし、 家に引きこもっているから、 しゃべる相手もいません。 主人が帰ってくるまでは、 なんだか、孤独…。 産後のママは、ホルモンのバランスも不安定で、気分も沈むこともあります。 こんな時は、 ぜひ他の人の力を借りて欲しいです。 産後ヘルパーや、一時預かりの利用など、 少しお金はかかりますが、 ちょっと手伝ってもらいましょう。 心も体も楽になります。 地域の子育て支援施設に行くと、 初めてでもすぐ溶け込めます。 産後ママの悩みや不安は、 自分だけではなく、たくさんのママが感じています。 話すことで、楽になります。 でも一番話したい相手は、 実はご主人かもしれません。 ただひたすら聴いてもらうだけでいい。 共感してもらえたら、ママは嬉しいのです。 ご主人も仕事で忙しい、疲れているのは、 承知の上です。 お互いによく頑張ってるよねという 労いや承認をすることで、 夫婦の絆は深まっていくと思うのです。 私は結婚してから今まで、 毎晩主人の体をマッサージしています。 カチカチに凝っている主人の体。 大変なのは、私だけじゃないんだと、 相手を理解できるようになりました。 そして、 私の体が辛いときも、 マッサージしてもらいます。 肩や腰が楽になります。 マッサージしながら、たくさん話します。 この時間が、私たちにとって、 大切な時間になっています。 産後は特に生活リズムが合わなくて、 夫婦すれ違うことも多いです。 夜が無理なら、朝でも構いません。 ぜひ、意識して毎日夫婦2人の時間を取ってみてください。 幸せ度合いが、グーンとアップして、 気分良く過ごせますよ。  

助産師 松好 和恵さんからのアドバイス

7

専門家からのアドバイス

脳は食べたものでつくられる
3

2018.11.04

脳は食べたものでつくられる

脳科学的栄養学No.7 脳は食べたものでつくられる 脳内の神経細胞(ニューロン)が情報を電気信号の形でやり取りしていることはすでにご存知かと思います。 神経細胞は情報を出す軸索と、受け取る樹状突起でできていて、 電気信号が軸索の先端までくると、シナプス小胞という場所からドーパミンやセロトニンといった神経伝達物質が放出され、 それが近くの神経細胞の樹状突起にある受容体に結合することで情報が伝わる仕組みになっています。 この仕組みを正常に行うために必要となる栄養素は、カルシウムとマグネシウム、ビタミンB群です。 カルシウム、マグネシウム、ビタミンB群は、人間が体内でつくることができないので、外から取り入れる必要があります。 食事からカルシウム、マグネシウムが十分とりいれないと、神経伝達がスムーズにいかなくなります。 逆に、甘いもの、油脂の多いもの、アルコールは、カルシム、マグネシウム、ビタミンB群を消費します。 さらに、神経伝達物質をつくる原料となるアミノ酸が重要です。 人間が必要とするアミノ酸は全部で20種類。 そのうち、フェニルアラニン、ロイシン、バリン、イソロイシン、スレオニン、ヒスチジン、トリプトファン、リジン、メチオニン、といった9種のアミノ酸は体内でつくれません。 これらは必須アミノ酸といって、やはり食事から摂る必要があります。 9種類の必須アミノ酸の覚え方は フロバ  イス ヒトリジメ (風呂場椅子ひとり占め) トリプトファンからはセロトニン、メラトニンなど、フェニルアラニンからアドレナリン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質がつくられます。 この合成経路に、前述のカルシウムやマグネシウム、ビタミンB群が関わります。 ですから、頭の働きや、心の状態のカギを握っているのは脳。 その脳は食べ物からできていることをわすれないでくださいね。  

薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス

3

専門家からのアドバイス

愛ある食卓
9

2018.11.02

愛ある食卓

ある人が私に言った。 「最近牛乳飲ませたくないという保護者が多くなり、困っている。 公立園では120人以上のお子さんに対応しているので、 個別対応は、アレルギーなど医師の指示のあるものと宗教的理由のみとしています。」と。 私は、こう言った。 「まず、公立園さんこそ、 何故そんなに沢山の保護者が子どもに牛乳を飲ませたくないと言い出したのかについて、 学んでほしいんですね。 そして、多種多様なご希望に合わせて給食の個別対応に向かう方向性を持って欲しいですね。 森の保育園は、玄米ビーガン給食ですが、白米を希望される方には白米を出していますよ。 豆乳によるおやつですが、牛乳を希望される方には牛乳を提供して来ました。 これからも肉や魚も出して欲しいと言われたら 経費可能な範囲で、保護者負担も可能なら提供して行く姿勢です。」 その人が、びっくりして言った。 「えーっ、森の保育園さんは、牛乳や肉、魚も希望すれば出すんですか? そんなこと絶対にしないと思っていました。」 私は言いました。 「何が何でもこの給食の範囲でと、  頑なに保護者の希望に耳を傾けないのは 公立園さんの方ですよ。 森の保育園の給食は、 数々の保護者の方々のご意向に耳を傾け続けた結果 創り上げられました。 もちろん応えらないご意向もありましたがね。 ただ、保護者の方々は沢山の本や知識を持って私たちに問い合わせて来てくださいました。 それらを真摯に受け止めて聴いて学び調べて実践した結果が、この献立です。 今もこの献立は成長し続けています。 要するに森の保育園の給食は、 保護者の皆さんと共に創り上げて来た歴史であり、文化であり、正義なんですよ。」 指導の人が言いました。 「私たちは、あくまで、医師の指示と国の基準に従っているだけですから。」 私は、心の中でこうつぶやいた。 「あなたは、医師と国に従うために働いているのですか?  医師と国の出した結果が二人に一人ガンなのに?  今こそ、トップダウンなんて古い衣を棄てて、  医師や国と対等に議論して、  何が子どもたちにとって最善なのかを探していくときじゃないですか?」 日本の子どもたちが、賢く逞しかった頃の食を思い出して、原点に帰りたいと保護者たちはお願いしているだけかもしれません。 食べた物は一年かけてその子の60兆個の細胞に影響して行きます。1年後、10年後、20年後に影響して行く。 食事についての相談は、とても大切な事です。 忙しいから、大勢いるからと十把一絡げにしないで、丁寧に意向を聴いて個別対応して行きたい。 牛乳を子どもに飲ませたく無いと言う保護者の理由は100通りもあります。。・°°・(>_<)・°°・。 森の保育園は、何故ビーガン給食なの? とよく聞かれますので、箇条書きでご説明いたします。 *低体温やアレルギー改善。 *家庭での食事が野菜不足しているから。 *1日一食でもビーガン給食にすると     消化に優しいので、代謝が上がり     免疫力が向上し、デトックスが促進されるから。 *人間の血液は、PH7.35?7.45弱アルカリ性が理想。     血液のPHは、食べたもので決まる。     今の家庭では酸性食品(動物性食品や精白され物)            が多いので、保育園でアルカリ性食品のみを (豆、ゴマナッツ、海藻、野菜、きのこ、芋、玄米)    を提供しバランスをとっている。 私にとって、 ビーガンは、食べ方では無く、生き方です。 ビーガンは、ある食べ方への決意では無く 優しさと品性までの道のりです。  

保育・食育のプロ 長野眞弓さんからのアドバイス

9

専門家からのアドバイス

脳は身体に良い食べ物を選べない
6

2018.11.01

脳は身体に良い食べ物を選べない

脳科学的栄養学 No.6 脳は身体に良い食べ物を選べないのです! 私たちの食べもの好みは子供の時の食生活と、その後の味覚の学習によって形成されます。 お腹の胎児が甘いものを好み、苦い味は避けることはよく知られています。 子供が甘いものを好むのは本能的な要素が強いといわれます。 そして、離乳食から始まる人生の長い食との関わりで好みが形成されていきます。 特に、砂糖と油脂の味は脳の報酬系を強力に刺激するので、病みつきになる危険性があるのです。 みなさんも、あるものをしばらく食べていないと無性にほしくなるということはありませんか?  これは脳の仕業で食べるとほっと幸せな気分になりませんか(^_-)-☆ おいしいという感覚によって脳内にドーパミンやセロトニン、βーエンドルフィンなどの神経伝達物質が増え、快楽中枢を刺激することによって多幸感を感じます。 この多幸感は、健康への良し悪しとは関係ありません。 でも、これが怖いのです。 これは脳の錯覚であり、丁度、一時的に燃え上がる恋をしたときのように、しばらくして熱が冷めてしまうようなものです。 しかし、食の方は熱が冷めず一生続くことになります。 「病みつき」とか「目がない」とか、「大好き」といって中毒性の食べ物を食べ続けると、生活習慣病やがん、認知症の世界に誘われてしまいます。 現代の食の環境は、おいしく感じさせるための添加物などによってまさに中毒性のリスクにあふれています。 体は欠乏しているものを欲しくなるので、身体の要求に従えばよいといわれます。これは確かです。 これは生理的な体の要求であり、満たされれば体はそれ以上は求めません。 つまり、脳が求める嗜好的な食べ物と、体が生理的に求める食べ物は違うのです。 体に悪い食べ物や飲み物を、脳がチェックしてくれるシステムがあれば私たちは病気にならずに済むのです。 しかし、加工精製した人工的な食べ物は中毒性を持ち、限りなくわたくしたちの脳の報酬系を惑わし、狂わし最後は心身をも破壊します。 そんな食べ物が氾濫しています。 私の公開講座やオンライン講座ではすでにお話ししましたが、食品のラベルを見る習慣を是非身につけてください。 体に良いか悪いかはすぐにわかるのです。 体に悪いものを避けるには、こどものころから旬の自然な食べ物、本物の食べ物で舌と腸に学習させ、味覚を研ぎ澄ます必要があります。 脳は騙せても、舌と腸は騙されないようにしましょう。  

薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス

6

専門家からのアドバイス

自分らしくお金と付き合う
4

2018.10.31

自分らしくお金と付き合う

こんにちは。 ライフプランナーの大宅信夫です。 お金のプロとして、 ママに役立つ価値ある情報を、 このブログを通してお伝えして参ります。 「家計簿がつけられなくて、貯金も出来なくて私ダメなんです。どうしたら良いですか。」 4歳と1歳のお子様を育てるママからご相談いただきました。 「何の問題もありません」 実は、大宅家も家計簿はつけていません。 何が正解なのかはわかりませんが、どうやら家計簿で管理することがモチベーションになる方とそうでない方といるようです。 「選択理論心理学」はご存知ですか? 1965年アメリカの精神科医ウイリアム・グラッサー博士が提唱した人間の行動メカニズムを説明した最新の心理学です。 この心理学を用いて、なぜ家計簿を付けるという行動を選択しないのか?をママに説明しました。 「そういうこと!遺伝子レベルの話?えっ、ということは私はどうすれば良いのですか?」 「そうですね、家計簿を付けて節約を意識するより貯蓄をする目的、 特にOOさんの場合は貯蓄目標と計画を立てて背伸びせず コツコツ立てた目標を達成するという経験を積み重ねるのが良さそうですね」 「たしかに、それなら出来そうです」 貯金を毎月のやりくりも、その人にあった方法があります。 今回相談に来たママは自分にあった方法を手探りで探すのではなく、 心理学に基づいて自分にあう方法をみつけることが出来たようです。 お金との付き合い方も自分らしくいけたら嬉しいですね。 未来を考え計画し実践していくことで、 笑顔溢れるご家庭の実現に寄り添ってまいります。  

ライフプランナー大宅信夫さんからのアドバイス

4

専門家からのアドバイス

素の自分になる時間
8

2018.10.29

素の自分になる時間

私にも2人子どもがいます。 次女が赤ちゃんだった時、 長女は4歳でした。 子どもがお昼寝している間に、 掃除して、 夕飯の支度して、 洗濯たたんで。 いつ起きるかわからないし、 起きたらいつも抱っこで、 結果、家事は毎日中途半端。 自分のペースで進まない。 達成感とは程遠い毎日に、 私自身イライラし、 笑顔で過ごせない日々がありました。 自分のやりたいこともできない。 なんか、しんどい。。 産後の睡眠不足や疲労もあり、 気分が沈むこともありました。 笑顔で優しいママになりたい! でも、現実はイライラして、 怒ってばかり。 感情が暴走して、 本来の自分を見失っていました。 そこで私は、 妻でも母でもない、 素の自分になる時間を取るようにしました。 ・1人で犬の散歩をする ・子どもを寝かしつけてから、   自分時間を満喫する ・月に1度託児を利用してみる ・主人に子どもを預けて、1人カフェに行く 子どもと少し離れると、 頭の中では、大丈夫かなと いつも気になりますが、 ちょっとリフレッシュできます。 満たされると、また頑張れます。 子育ては長丁場です。 毎日ちょっとでもいいので、 素の自分になる時間を取ってみてください。 そうすると、 子育てが幸せで、 奇跡の連続であることに気づきますよ。  

助産師 松好 和恵さんからのアドバイス

8

専門家からのアドバイス

精子数の激減現象がとまらない
4

2018.10.28

精子数の激減現象がとまらない

脳科学的栄養学 No.5 ここ数十年、精子数の激減が続いています。 その減少率は年平均精子1ミリリットル当たり100万個だそうだ。 これは見過ごせない数字です。 実はこの数字よりもっと恐ろしいことは、この状況を世界の医療研究者が実態をつかむほぼ半世紀も前から続いていたという事実にあります。 この激減率は今後も同じようなスピードで続くのだろうか? そして最後にはどこに行きつくのか? 精子数の激減に残留性環境化学物質が関わっていたとしたら、精子数がそこそこの回復をみせるのは2030年あたりであろうと予測されている。 すでに多くの研究から、精子の質と量が出生率と密接に絡んでいることは周知のとおり。 若年男性では、精子数が最低で、奇形数が最大になっている。 こうした現象の原因が出生前ないし出生後のごく早い時期にこうむった障害にあるとする指摘を裏付けるもの。 ただ、精子数の分析を通じ科学的に証明されるまでは、まだまだ時間がかかるであろう。 1970年代初頭に生まれた世代を対象にした研究では、残留性環境化学物質の影響が強く疑われている。 1970年代初頭と云えば、世界の先進国が、DDT,農業用殺虫剤デルドリン、リンデン、PCBなどの残留性の高い有機塩素系化学物質の有害性から、使用の制限が始まった時期でもある だから、この世代の精子数の減少は、規制が行われていなかった1960年代から1970年代に母体が残留性環境化学物質を摂取していたことに起因すると考えられている。 それ以降、先進諸国では規制のおかげで人の組織中にみられたDDT、その分解物DDE、リンデンなどの残留量が激減傾向にある。 したがって、先進諸国ではこの傾向が続けば、残留性環境化学物質による出生前の曝露が、精子数の減少に大きくかかわっているとすれば、2030年代には、そこそこの回復傾向に転じるだろうとの予測につながっているのです。 しかし、インドや中国などの国々では、残留性の高いDDTやリンデンのような殺虫剤の使用の範囲や環境汚染が広がっている。 さらに、あらたな問題点はいたるところで使用されているプラスチック素材からでるある種の化学物質にさらされる危険が増していることにある。 現在出回っているプラスチック容器がどんな化学組成になっているかは確かめようがないし、内分泌ホルモン攪乱物質がしみだしているものがどれくらいあるかもわからないというのが実情なのです。 この種の有害化学物質が、軟膏、化粧品、シャンプーなどの日用品に混入されているおそれがあると云わざるを得ない状況でもある。 最近、プラスティックのストローの使用をやめ、紙のストローに切り替えるという動きが話題になってきている。  人類の知恵として私たちにできることは「予防原則」に従って生きるということです。 環境問題、健康問題もすべて事前対応が予防につながるのです。 そのため情報を正しく認識することがより重要なことになります。 私が脳環境化学「経皮毒」の本当の意味と意義を通して、環境汚染に加担しない生き方、考え方を伝えている理由はここにあります。  

薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス

4

専門家からのアドバイス

地球環境の破壊と私たちの健康
8

2018.10.24

地球環境の破壊と私たちの健康

脳科学的栄養学 No.4 地球の場が乱れれば人間も不健康になります。 がんをはじめとする難病がこんなにも増えてきたのには、地球の場の乱れが関係していると私は強く感じています。 環境が破壊されたり、あちこちで紛争が起きたり、異常な事件が多発する社会、人心の乱れなど。 いま、地球の場はとても低下しているように思えてなりません。 難病をなくすには医療の発展と同時に、地球の場のエネルギーを高めていかなくてはならないでしょう。 まずは自身のからだや脳の環境を整えるために、日用品の使い過ぎは避けましょう。 そして家庭から環境を破壊するごみや環境化学物質をできるだけ排出を少なくする努力を。 そうしたごく身近な、日常生活の場を整えることが 地球を大切にするこころにつながっているのです。 それは、まず自分と、大切な家族の健康を守ることになります。 人間の心の乱れは、環境の乱れに通じています。 脳環境科学「経皮毒」で私が伝えたい本当の意味と意義に通じることでもあります。  

薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス

8

専門家からのアドバイス

私達が出来ること
9

2018.10.22

私達が出来ること

こんにちは。ライフプランナーの大宅信夫です。 お金のプロとして、 ママに役立つ価値ある情報を、 このブログを通してお伝えして参ります。 先週、時期外れの夏休みを1週間いただきました。 共働きの我が家が全員揃って1週間過ごすことは、なかなかありません。 3歳の双子ちゃんは、ここぞとばかりに甘えん坊になったり、いきなりやんちゃしたり。 とにかく激しかったです。 私は今日も筋肉痛です(笑) ともあれ私達夫婦にとっては、かけがえのない幸せな時間でした。 昨晩、妻と話し合いました。 「この幸せな時間を毎年創り続けるために私達に出来ること」について。 たくさんの意見を出し合いました。 結論、大宅家では以下の3つを同時に取り組むことになりました。 ・お互い健康でいること ・家庭円満、特に夫婦関係が良好でいるためにお互い最善を尽くすこと ・計画的にお金を管理すること 結局、私がいつもお客様に提案している3つのポイントに要約されました。 「身体」「心(人間関係)」「経済」3つのバランスです。 特にお母さんは自分の事を後回しにする傾向があるように、多くのお客様と接していて感じています。 子供たちが笑顔で育つ家庭環境、それはお母さんの笑顔がポイントです。 だから、このブログを見ているお母さん。 私からのお願いです、あまり頑張りすぎないで下さいね。 たまには、ゆーったりリラックスして下さい。 1週間の夏休み、改めての気付きは「子供たちもパパも、みんなママの笑顔が大好き」。 お客様との面談では、ご主人に「月に1度でも計画的に奥様がリラックス出来る時間を創る」ことを提案しています。 未来を考え計画し実践していくことで、 笑顔溢れるご家庭の実現に寄り添ってまいります。  

ライフプランナー大宅信夫さんからのアドバイス

9

専門家からのアドバイス

赤ちゃんとコミュニケーション
4

2018.10.22

赤ちゃんとコミュニケーション

生まれてすぐの赤ちゃん。 しゃべらないけど、実は色々わかります。 目も見えてるし、耳も聞こえます。 お腹にいるときは、実はパパの声の方が 聞こえているようです。 ママの匂いも、抱かれた感触も、 しっかり記憶しています。 赤ちゃんにとって、一番大好きな人は、 ママです。 大好きなママに、自分の気持ちを伝えたくて、 たくさんお話しもします。 言葉にはなってないけれど、 うー、あー、などと話してくれます。 おっぱいを飲みながら、 乳首を引っ張ったり、離したり、 ※⁂◆⌘◇※… 言葉に表現できないけど、何か話しています。  この場合は、乳首が硬くなって、 飲みにくいよ、詰まってきてるよと 伝えていることが多いです。 引っ張って飲まれると、 ママは痛いので、 何すんのよ!と イラッとしがちです。 赤ちゃんは、ママが一番大好きです。 大好きな人を困らせることはしません。 引っ張って、実は詰まりをメンテナンスしながら飲んでいます。 そんな時は、 『飲みにくいのね、治してくれてるのね、 ありがとう』 こう伝えると、 『そうだよ、わかってくれた?』と、 安心してまた飲んでくれます。 赤ちゃんの気持ちを推察しながら、 声に出して伝えてみる。 目を合わせて、ニコッと笑うだけでも構いません。 こうしてコミュニケーションを取ってみると、 だんだんと赤ちゃんのことがわかってきます。 赤ちゃんはママを選んで生まれてきました。 助けたくて、笑顔にしたくて、 毎日一生懸命です。 様々な不安、心配事で、ママが笑顔になれないときもあるかもしれません。 そんな時は、赤ちゃんからのメッセージに、 耳を傾けてみてください。 『大丈夫、何とかなるよ』 ママに選んでくれた自分に自信を持って、 赤ちゃんと共に成長していきましょう。  

助産師 松好 和恵さんからのアドバイス

4

専門家からのアドバイス

環境化学物質から子供たちの脳を守るために③
4

2018.10.18

環境化学物質から子供たちの脳を守るために③

  脳科学的栄養学 No.3 低毒性や安全性を宣伝している殺虫剤や除草剤が売られているが、決して安全などと思わないことです。 動植物を死滅させるようにつくられた化学物質はどんなものであれ、思いもよらない害を招く恐れが多分にあります。 果物や野菜などに発生する真菌類を駆除するために開発された化学薬品には、人を含めた動物のステロイド・ホルモンの合成を阻害する恐れがあることが米国環境保護庁の研究で明らかにされています。 むやみに家や庭で殺虫剤を散布するのは、危険この上もないことで、 無責任な行動と言われても仕方のないこと。 疫学的研究によれば、殺虫剤を室内や庭に散布している家庭では、子供やペットの犬に高い率でがんが発生していることが分かっています。 妊婦や小さなお子さんがいる家庭の庭に殺虫剤や除草剤を散布しないこと。 近隣の人にもぜひそう薦めてほしい。 もし、相手が渋るようなら、事情を説明し、せめて殺虫剤や除草剤は手入れの時期だけにしてもらうように。 また、妊婦や子供やペットは殺虫剤や除草剤に近づかないようにすることも大切。 日頃から近隣とは仲良くしよく話し合って交渉しルールを決めておくのもよいでしょう。 こうした一人、一人の活動が「経皮毒」をはじめ身近な環境化学物質に対する関心を高めていくことになるのです。 ともかくも、自分で散布するにせよ、安全をうたい文句にしている業者に頼むにしても、家庭における殺虫剤、除草剤の散布にまつわる危険性を甘く見てはなりません。 使用説明書通りに扱ったからといって曝露の危険性がなくなるわけではないが、少なくなることは確かです。 どうしてもという場合だけにして、使用説明書を注意深く読むことです。 大半の殺虫剤は活性物質と不活性物質との混合物だが、ノニフェノールやビスフェノールAなど、不活性化合物とされてきた化学物質が実は体内で内分泌かく乱物質であることは、是非とも覚えておいてください。 残念ながら、殺虫剤の使用説明書に関する法律によると、製造元には、成分表示に不活性物質の有無まで明記する義務はないのです。 またいわゆる企業秘密が法的に認められているので、企業側は消費者に製品の成分を表示する義務もないのです。 ですから、使用説明書をよく読んでも、内分泌かく乱物質が成分として含まれているかは分からないのです。

薬学博士 竹内久米司さんからのアドバイス

4

専門家からのアドバイス

冷え対策で快適母乳育児
4

2018.10.16

冷え対策で快適母乳育児

秋も深まってきて、日差しがないと、 寒く感じるようになってきましたね。 授乳は、毎日8回くらいあります。 母乳のみの方は、頻繁に飲みますので、 10回以上授乳している方もいますね。 赤ちゃんに授乳している時、 寒くないですか? 胸元や、首、お腹など、冷えてませんか? 泣かれると、すぐ授乳しなきゃと焦ります。 とりあえず、おっぱい飲んでると、 赤ちゃんも落ち着きます。 両方しっかり飲ませると、 30分くらいかかります。 その間、ママは冷えても、動けず、 耐え忍ぶだけ。。 結果、風邪を引く。 最近、調子を崩している方、多いです。 自分が体調が悪いと、 子育ては本当に大変になります。 まずは、自分が風邪引かないように、 対策をすることです。 ネックウォーマーや、 タオルを首に巻くだけで、 保温できます。 授乳服などで、 過度な露出を避けるのもポイントです。 お腹が冷える時は、 腹巻きもおススメですです。 帝王切開の創がうずく方も、 腹巻きしてると楽になります。 冷えると、母乳の出にも影響があります。 母乳は血液で出来ていますから、 巡りがいいと、分泌量もアップします! どうしても、子ども優先になりがちですが、 ママが元気でいることが、一番大切です。 冷え対策をしながら、 快適に母乳育児を楽しみましょう。  

助産師 松好 和恵さんからのアドバイス

4

専門家からのアドバイス

保険見直しのタイミング
6

2018.10.14

保険見直しのタイミング

お金のプロとして、 ママに役立つ価値ある情報を、 このブログを通してお伝えして参ります。 先日、ご夫婦からご相談がありました。 「今加入している保険担当から保険の商品が新しくなったので、見直しをしましょうと連絡がありました。 見直しをすることはメリットがあるのでしょうか?」 こんな経験をされた方も多いのではないでしょうか? メリットがあるのか、ないのか。 ポイントとなるのは、「加入目的」です。 例えば、今年の4月に死亡保障の保険料を下げる形で新商品を発売開始した保険会社が多くありました。 その反面、同時に入院保障などの値上げをした保険会社も見受けられます。 つまり、死亡保障を加入目的とした家庭にはメリット、入院保障を加入目的とした家庭にはデメリットとなります。 子供の成長や、ご両親の働き方、住宅ローンの残債など、さまざまな家庭環境の変化に合わせ必要な保障は変化していきます。 新商品に合わせて保険を見直すのではなく、家庭環境の変化に合わせて定期的にライフプランを確認し、 家庭環境の変化に保険を合わせて行くのが本来の姿だと私は考えています。 私はご契約時にお客様に次のように伝えています。 「今後、単に新商品が発売されたと連絡することはありません。  その時のOO様の状況を聴かせていただき、新商品がOO様にとってメリットのあるものだとしたらご提案させていただきます。  ですので、さまざまなライフスタイル変化がありましたら簡単なメールで構いません。  ご一報いただけますと幸いです」 皆様が、長く保険と上手にお付き合いいただくためには、気軽に連絡の出来る担当者が必要です。 「夫婦関係」「親子関係」「健康」「仕事」「住宅」「貯蓄」「趣味」「習い事」 定期的にチェックをするのは「加入目的」です。 未来を考え計画し実践していくことで、 笑顔溢れるご家庭の実現に寄り添ってまいります。

ライフプランナー大宅信夫さんからのアドバイス

6